干しきゅうりの作り方と調理方法について。生では味わえないきゅうりの甘みやコクを感じることができました。

田舎で暮らしていると自分の畑でも採れて、他の方からもおすそ分けでいただく機会が多くなるのが、きゅうりやナス、ピーマンです。その中でも、とりわけ食べ方に困るのがきゅうりです。

サラダや漬物といっても、一度に使えるきゅうりの量には限度がありますし、毎日食べていると正直飽ます。バリエーションを増やそうにも、バーニャカウダ、ピクルス、炒め物と、生のきゅうりを使うにもいつか限界はきます。

そんなときに発見したきゅうりの消費法が「干しきゅうり」でした。とにかく干しておけばいいという感じだったので、さっそく作ってみました!

関連記事:実はきゅうりは凄かった!きゅうりの栄養素や食べる上での注意点について

干しきゅうりの作り方

では、干しきゅうりの作り方を書いていきます!まじで簡単です!

まず、きゅうりを用意します。

きゅうり実物

で、輪切りにします!分厚いと乾くまでに時間がかかりますし、厚さがバラバラだと乾ききるまでの時間や日数にばらつきが出るので、均等に切るように心掛けましょう!

干す前のきゅうり

こんな感じです。では、干したいと思います。

干しきゅうり(一日目2)

薄く切り過ぎて、量が多くなったので、少しキツキツに並べたんですが、多少は幅を持って置いた方が乾くのは早いと思います。あと、重ならないように置きましょう!

全体ではこんな感じです。

干しきゅうり(一日目全体図)

このネットをかける場所ですが、日当りが良く、風通しが良い場所がオススメです!

ですが、そういった場所が車道側だったり、空気があまり綺麗でない場所の場合は、気にならなければそこでもいいですが、もし気になれば、他のところで干すようにしましょう!陽の光は直接当たらなくても、結構乾く印象があるので、どちらかというと風通しの良い場所を選ぶべきかと思います。

適宜裏返したりしてみながら、様子を見ます。

干しきゅうり(二日目)

二日目ともなると、結構乾いてきて、端の方からしおしおとなってきます。夜は、冷え込んだり、夏でも湿気ることが多くなるので、家の中に干すようにしましょう!

そして、三日目。

干しきゅうり(取り上げる前)

触ってみて、明らかに水分を感じなくなるので、そうなったら収穫です!

干しきゅうり

結構簡単ですよね?基本切って、干して、たまに裏返して、おしまいです!

今回使ったネットはこちら

今回は自宅にあった3段のネットを使いました!

他にもザルなどで干す方法もありますし、とりあえずやってみるという方は、自宅にある網とかで干してみることをオススメします!(使わなくなったらもったいないですから)

干しきゅうりの調理方法

干しきゅうりとかつお節の醤油和え

まず、収穫した干しきゅうりを水で戻します。

干しきゅうりを水に浸す

水は干しきゅうりが浸かるくらいの量で良いと思います。切り干し大根を水で戻すのと同じ感じでいいです!

待つこと15分

干しきゅうり水に浸して15分

こんな感じで、少し生のきゅうりっぽくなります(笑)

そして、次に絞ります。

絞った後の干しきゅうり

まぁ水さえ切れれば問題ないと思います!(水が残ると少し味が薄くなるので注意しましょう!)

では、ここから適当に調味料を加えていきます!

まずは、一味唐辛子をかけまーす。(七味でも構いません)辛いのが嫌な人は、省きましょう!

一味をかけた干しきゅうり

その次に、黒ごまをかけます!(こちらも白ごまでも構いません)嫌いな人は、省きましょう!

黒ごまをかけた干しきゅうり

若干かけ過ぎた感がありますが、まぁ問題ありません!

次は、かつお節です!

かつお節をかけた干しきゅうり

どっさりかけちゃってください!

最後は、醤油をかけて、まぜまぜしておしまいです!出汁醤油とかでも美味しいので、お好きな方をかけてください!

干しきゅうりの和え物

干しきゅうりを作ってみた感想と食べてみた感想

干しきゅうりを作ってみた感想

思った以上に簡単でした!

本当に切って、干して、ために裏返して、終わりです!ホントこれだけです。漬物だと、切って、調味料入れて、もみもみしてと意外とめんどくさいですが、干しきゅうりは切って、干すだけでほとんど事足りるのが良いところですね!

ただ、天気がいい日が続かないといけないのが難点ですね。また、天気がいい日が続いても、夏は突然の雨もあるので、そこは気をつけないといけないのが、めんどくさいところです。

干しきゅうりを食べてみた感想

これは意外だったんですが、めちゃくちゃ甘かったです。「きゅうりってこんなに甘かったの?」って声に出して驚いたほど甘かったです。生のきゅうりだと瑞々しくて、あんまり味に注意がいかないですが、干して水気がなくなったからこそ味わえる甘みはまさに神秘的でした!

また、干したのでもちろん歯ごたえも違いますね!シャキシャキとして感じではなくて、結構噛み応えがあって、噛むほどに味もどんどん出てくるので、それもまた良かったですね!

さいごに

適当な感じで、適当にはじめた干しきゅうりでしたが、意外と良かったですね。

簡単で、手間いらずで、かつ美味しいというのが良かったポイントです!調理方法に関しては、他にも作ってみて美味しかったものを随時更新していこうと思います!

また、こちらの本を参考にしました。