野菜不足になりがちな人の6つの特徴とそうなってしまう日本の野菜事情について

ベジタリアンと呼ばれる野菜しか食べない人がいる一方で、野菜をまったく食べない、もしくは野菜を食べたくても食べられない野菜不足の人たちが結構います。

野菜を食べなければ、すぐに病気になるとかそういうことはないんですが、野菜不足は、やはり肥満や生活習慣病をはじめ、身体の不調や便秘、疲れやすい、イライラしやすくなるなど人によっていろいろな影響を及ぼします。

ここでは、野菜不足になってしまう人の特徴を挙げるとともに、そういった日本の野菜事情について少し考えてみたいと思います。

野菜不足になりがちな人の6つの特徴

一人暮らし

一人暮らしの大学生や社会人は比較的野菜不足になりがちです。

理由としては、

  • 野菜を買っても使い切れないから、わざわざ買わない
  • 野菜の処理がめんどくさいから、買ってまで食べない
  • 一人分の食事を作るのが億劫(めんどくさいとも言う)だから炭水化物だけ
  • ファストフード・牛丼などで済ませがち
  • そもそも料理をしない
  • 高い野菜より、比較的安い肉を買うから

という感じですね。どうしても一人なので、食事なんて食べれれば良くて、その結果調理がめんどくさい野菜は買わない、食べないということなんですよ。お腹を満たすだけなら、ファミレスでも牛丼屋でもなんでもいいですし、おにぎりやカップ麺でもいいですからね。

また、野菜それ自体も高いですし、サラダなども比較的他のお惣菜に比べて高いので、手を出しにくいという現状もあると思います。

忙しい…

忙しいという人も、何かと偏った食事をしてしまいがちです。

仕事もそうですが、プライベートでも忙しいと、ついつい外食が多くなってしまいますし、自分で作る時間も少なく、コンビニやファストフードで済ませてしまうこともかなりあると思います。もちろん、本人がかなり意識してサラダなど野菜の摂取をすればいいんですが、そう野菜への意識が高い人も少ないでしょう。

また、たとえ家族がいても、忙しいために作ってもらっても食べられない、食べるならさっさと食べられるファストフードや外食、コンビニのお弁当と食事が偏ってしまう人も野菜不足になりがちです…。

ファストフード・外食が好き人

ファストフードや外食が好きな人は、確実に野菜不足な食生活をしています。

ファストフードといえば、ハンバーガー、牛丼、ファミレス食、ピザという感じでしょうか?これって野菜ほとんど入ってないですよね?もちろんコンビニのお弁当にもほとんど含まれていません。入っているといっても、レタス一枚、トマトやきゅうりが一切れという感じですよね。これではまともに野菜を摂取したとは言えません。

僕は、ファストフードを食べちゃダメだとは思いません。ですが、毎日毎日ファストフードだと野菜不足はもちろんのこと、炭水化物やたんぱく質に偏った生活になってしまうので、健康面を意識するなら控えるべきだと思います。

また、外食についても同じようなことが言えます。外食ばかりになってしまうと、脂っこいものや炭水化物がメインになってしまいますからね。

自炊しない・料理しない

料理をしない人は、外食に行くか、コンビニのお弁当やお惣菜、宅配を使う中食での食事になると思います。

スーパーやコンビニのお惣菜を見てもわかる通り、食事のバランスは必ずしもよくありません。個々人がかなり意識して、サラダや煮物、和え物を選ばない限り、天ぷらやフライ、串もの、お寿司、おにぎりとたんぱく質と炭水化物の塊になってしまいます。(外食は前述通りです)

食費にそれほどお金を使えない人

お金がないとまではいいませんが、食費にお金を使えない人も比較的野菜不足になりがちです。

理由は単純で、野菜が高いからです。ただそれだけです。

野菜って思っている以上に高いですよね。お肉や魚、麺類、お米、パンなどと比較してみるとわかりますが、結構高いです。なので、お金がない大学生や新卒の会社員など、どうしても食費にお金を割けない人は、炭水化物を中心に買って、残りをたんぱく質であるお肉や魚を買わざるを得ません。それはもう仕方がありません。(僕にも経験がありますから…)

ですが、もやしや旬の食材であれば安くなる傾向にありますし、セールのときに買いだめしても良いと思うので、節約も兼ねて工夫して見る価値はあると思いますよ!

野菜嫌い

まぁ野菜が嫌いな人は、野菜そのものを食べようとしないですからね…。

(嫌いなものは嫌いで良いんですが、すべての野菜が嫌いなわけではないでしょうし、食べられる野菜はきっとあると思うので、食べられる野菜だけでも食べるようにすると良いと思うんですが…。)

個人的には、野菜ジュースとか、カレーにペーストとして野菜を入れるとか、いろいろやり方はあるので、適度に野菜は食べた方がいいのではないでしょうか?と思う次第であります。

野菜不足になってしまう日本の現状にも問題はあると思う

日本は健康な人を増やしたり、健康寿命を伸ばそうと言っているにも関わらず、野菜が高くなっています。これかなり矛盾している状態だと思っています。

その結果、飲食店ではサラダが出てこないとか、注文しても比較的値段が高く、スーパーでもお肉やお米よりも野菜が高いなんて状況です。コンビニでも、サラだってかなり高い部類の食べ物ですよね?

これでは野菜不足の人が増えてしまっても仕方がありません。

健康的な食生活、バランスの取れた食生活を意識するのであれば、野菜も積極的に摂ることが必要不可欠です。お肉や魚、炭水化物からでは摂れない栄養素もあります。

そういったことを考慮すると、野菜不足の人が増えてしまうこと、また、野菜不足が原因で肥満や生活習慣病などの人が増えてしまうのは、なんとも仕方がない気がしています。

今後肥満や生活習慣病をはじめとした人を減らしていきたい、その取り組みとして野菜不足を解消したいというのであれば、野菜を食べやすい環境を作っていくことが必要だと思いますね。

さいごに

野菜不足になりがちな人の特徴について書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

僕自身かなり野菜を食べることを意識して食事をしていて、やっと一日の摂取量に届いているかなーという感じです。1日350gの野菜って結構多いですよね。なので、意識せずにただお腹を満たせば良いやという人は、やっぱり野菜不足、食物繊維不足、ミネラルやビタミン不足になっているんだろうなと思います。

野菜不足が病気に直結するわけではないですが、それが続けばやっぱり病気の確率は増えるでしょうし、お腹の調子もよろしくないのではないかなーと思いますね。

今は、青汁とか野菜ジュースもどこでも買えますし、最後の手段としてこういうもので野菜不足を補っても良いのかなーとも思いますね。あくまで最終手段としてですが。