【厳選/糖尿病】血糖コントロールをする上で必須・あると便利なアイテム9選!

糖尿病になるといろいろなことに注意しないといけません。それは血糖値だけではなく、体重、体脂肪、ウエスト、血圧、運動量、食事、糖質量など多岐に渡ります。

なんでこんなに気を配らないといけないんだと嘆きたくなるくらい注意が必要ですが、それは糖尿病にとって一番怖いの が、ただ血糖値が上がることではなく、そこから派生する合併症が人生を狂わせることだからです。視力を失う、足を失う、寿命を削るなどいろいろあります。

ですが、しっかりと血糖コントロールをしていれば、合併症に限らず、他の病気のリスクも減らすことができます。今回は、糖尿病(予備軍を含む)の人が、血糖コントロールをしていく上で、持っておくいいアイテム・グッズについてご紹介しようと思います。

血糖測定器

「血糖値測定器」は必需品です。持っておかないと、自分の血糖値がどのくらいなのか?ということを知ることはできません。糖尿病の治療は、自分の血糖値を知ることからはじまると言っても過言ではありません。

朝の血糖値はどうか?食後2時間の血糖値は?寝る前はどうか?など、最初のうちはできる限り血糖値を測ってみて、血糖値の状態、どうしたら上がるのか?どうしたら下がるのか?をしっかりと把握しておくことが大切だと思います。

値段は本体、針、チップのセットで約1万円くらいです。針とチップは約30個くらい入っていて、追加で買う場合は針が500〜1000円、チップが2500〜3500円くらいです。都道府県によっては、糖尿病の治療の方法によって、病院で安く手に入れられたり、無料でくれることもあるので、一度主治医に聞いてみるといいと思います。

体重計(体脂肪計がついていると尚可)

糖尿病は、血糖値だけを把握しておけば良いわけではなく、もちろん体重も、体脂肪もしっかりと把握しておくことが大切です。これは血糖値が上昇した際に、なんで上昇したのかの原因を探るために大切だからだと思います。(もちろん下がった時も)

血糖値が上がっている多く場合は、体重も同じように上がっています。ただ、体重維持できている=血糖コントロールができているわけではないので、体重が落ちているけど、血糖値は上がっているなんてこともあります。

血糖値が上がったときに、なんで上がったのかの原因を知るためにも、また体調管理の一環としても、体重・体脂肪はできる限り毎日測っておくといいと思います。

血圧計

糖尿病だからといって、高血圧とは限りませんが、血糖値が高く、血圧も高い状態の場合、合併症の危険性が高まってしまいます。特に、年を重ねると血糖値と血圧が高くなる傾向があります。

なので、必須ではないですが、所持している場合は、適宜測るようにした方がいいですし、温泉などでも測れるので定期的に測ってみるといいと思いますね。

メジャー(ベルトでも可)

筋力が落ちた場合には、体重は落ちてるけど、体脂肪は上がってるから、結果として血糖値が上がりやすくなってしまいます。そのため、体重と平衡してウエストも管理しておいた方がいいと思います。

もちろんメジャーなどで数値を測ってもいいですが、個人的にはベルトでもいいんじゃないかと思っています。毎回同じベルトと、同じ穴を使えば、自分のウエストが増えてるか減ってるかくらいはわかります。キツければ増えていますし、ズボンが落ちるようなら減っていますからね。

歩数計・活動量計

今やAppleWatchやウエアラブルをはじめ様々な歩数計や活動量計が出ていますよね。正直、運動量が非常に多い人や、一日の歩数が一万歩を軽く超えるくらい歩いている人であれば、必要ありません。

ですが、それほど運動量も歩く量も多くない人は、持っておくべきだと思います。理由としては、運動量が少ないから血糖値が高いのか?運動量が多いのに血糖値が高いのか?など、これも血糖値の上下の理由を探るためです。

運動量が多い日に、血糖値が下がっているのであれば、そのまま継続すればいいわけですし、運動量は多いのに、血糖値が下がらない、もしくは上がっているのであれば、食事や薬など他のところを見直す必要があるからです。

何がどう血糖値に作用しているかは、人によって様々です。だからこそ、一つでも多く視覚化できるような材料があるといいと思いますね。

計量器(はかり)

日常的に測るべきなのは、砂糖や塩などの調味料と、ごはんの量だと思います。どうしても目分量だと多くなってしまったり、「もう少し食べれるかな」って感じでついつい食べ過ぎてしまいます。

そうなるとすぐではなくても徐々に血糖値が上がってしまい、下がりにくくなってしまいます。そうならないためにも、日頃から様々なもの(特にごはん)の量を計測しておくといいと思います。

スポーツ用品

スポーツ用品と言っても、シューズとかウェアではなく、自宅で身体を動かすためのモノですね。たとえば、フィットネスバイクやバランスボールですね。

もちろん、必須ではないですが、雨が降ったり、外が寒くなったり、何かの理由でいつも通り運動ができない時って必ずあります。そういうときに「家でも運動ができる」という状態を作っておくといいと思うんですよ。

家での運動なら気候もそうですが、時間帯や服を気にする必要がないので、気持ちが楽なのもオススメですね。

糖質量ハンドブック

糖尿病になって一番気になる、気にするのが「糖質」だと思います。でも、最初のうちはどの食材にどのくらい糖質が含まれてるかなんてわかりません。

なので、最初は糖質量が一目でわかるような本を一冊持っておくといいと思います。

糖質制限食レシピ本

これはあると便利ですね。糖質量の本もそうですが、最初のうちはどうやって糖質を減らせばいいのか?ということを勉強した方がいいと思います。慣れてこれば、自己流でも無駄な糖質は抑えられるようになりますからね。

さいごに

糖尿病の血糖コントロールに必要なアイテム・グッズはいかがだったでしょうか?

僕は糖尿病との付き合いが長いので、今ではそれほど意識しなくても、体重も体脂肪も、ウエストも糖質も管理ができていますが、最初からできたわけではありません。最初は結構本を読んだり、ネットで調べたりなどしました。

糖尿病との付き合いは、最初が一番辛いです。ですが、それさえ乗り越えて血糖コントロールが上手くできるようになれば、きっと楽ですし、楽しくなると思います。ぜひ、いろいろなことをやってみるといいと思いますね!