【ノンアルコール】アサヒ『ドライゼロブラック』パッケージで買わされたけど、ちょっとがっかり

パッケージがかっこ良過ぎて、アサヒ『ドライゼロブラック』を買ってしまいました(笑)

ノンアルコールというと淡色のものをイメージしてしまいがちですが、今回は世界初のブラックノンアルコールです!世界初というところもそうですが、なんといってもブラックという色に魅かれてしまいましたね。

では、どんな味だったのかさっそく飲んでみたいと思います。

商品パッケージと商品概要

パッケージは、

アサヒ ドライゼロブラック パッケージ

こんな感じです。このパッケージはマジで反則レベルです。その辺のビールよりカッコいいです。というより、見た目で黒ビールと間違えてしまいそうでした(笑)

注目したい点は二つ、まずは、

アサヒ ドライゼロブラック 世界初

世界初!糖質ゼロのノンアルコールで、黒ビールテイストなのはこのアサヒ『ドライゼロブラック』が世界初だそうです!

そして、もう一つが、

アサヒ ドライゼロブラック カロリーゼロ

カロリー、糖質ともにゼロ!これも嬉しいですね。まぁ100mlあたり0.5g未満であれば、「ゼロ」や「ノン」と言えるので、まったくのゼロではないですが、それでも普通のビールに比べればかなり低いです。

他の栄養素はこんな感じです。

アサヒ ドライゼロブラック 栄養成分

カロリーがゼロ表示なので、糖質、たんぱく質、脂質は当然ゼロ表示ですね。いつも疑問なのは、なんで食物繊維があるんだろう?ってことです(笑)原材料にも、食物繊維が使われているんですよ。

アサヒ ドライゼロブラック 原材料

しかも、原材料の一番最初に表示されているので、一番使われているのが「食物繊維」なんですよ(笑)僕の中で不思議で仕方がありません。カラメル色素は、黒にするために使ったんだと思いますね。あとは、特にないです。

飲んでみた感想とノンアルコールへの想い

では、飲んでみた感想を

  • 黒ビールのテイストはするけど…(という感じ)
  • 炭酸やや細かくて強く、キレを感じる
  • 後味にカラメル色素の味がする
  • コクが感じられない
  • のどごしはいい感じ
  • インパクトに欠ける
  • 飲んでいると飽きる

という感じです。

正直、パッケージがカッコいいだけに、味にはがっかりしました。もっと、黒ビールのようなコクとか、インパクトは欲しかったですね。

カロリーや糖質がゼロなのは、たしかにありがたいんですが、それでもパッケージと味のギャップに残念感は隠せません…。これだけがっかりするならパッケージからビール色を外せば良いと思うんですよね。ビールっぽくするから、アルコールがないビールとして飲んでがっかりする。なので、もう炭酸水を黒くしました的な感じでいいと思うんですよ…(笑)

ノンアルコールは、ビールと切り離した存在として地位を確立するべきだと思いますね。そうすれば、ビールはビール、ノンアルコールはノンアルコールとして美味しく、楽しく飲めると思いますし。

こんな人なら薦められる

個人的にはあんまり残念でしたけど、こんな人にならオススメできます。

  • 普通のノンアルコールに飽きた人
  • 珍しい物好き
  • どうしてもノンアルコールが飲みたい人
  • 炭酸水嫌いだけど、シュワシュア感を味わいたい人

という感じですね。まぁ普通のノンアルコールに飽きたから違うノンアルコールが飲みたいとか、物珍しさにという感じであれば、斬新な感じで楽しめるんじゃないかなーと思います。

ただ、箱買いは控えるべきかと思います。買うとしても、一本か、六本入りが良いかと思います。

さいごに

アサヒ『ドライゼロブラック』は、どれだけ技術が進歩してもノンアルコールがビールを凌ぐことは難しいんだと実感させてくれました。

コーラとゼロコーラは、意外と差別化できていて、ゼロコーラも美味しく飲めるのに、ノンアルコールはビールとあまり差別化できていなくて、美味しく飲めないのはやっぱりパッケージとかブランディングのせいだと思うんですよね。もっと、ノンアルコールはノンアルコールの良さを売り出すべきだし、ビールの代替品として売り出すのにはもったいないです。

まだまだノンアルコールの時代はこないということですかね…。