【お酒って太らないの?】アルコールのカロリーが体に蓄積されない本当の理由とは?

「お酒は太らない」
「お酒に含まれるアルコールのカロリーは、体に蓄積されないから太らないんだよ!」

なんてことをたまに耳にします。

たしかに糖質を含まないウイスキーや焼酎、糖質ゼロの発泡酒であれば、そういう感じもする。でも、これには知りたくなかった事実があるんです…。

今回はお酒に含まれるアルコールのカロリーで太るのか?という問題に対する解答とともに、お酒で太らないために最低限やるべきことについて書こうと思います。

アルコールで太らないってホント?

お酒に含まれるアルコールで太るのか?それとも太らないのか?について考える場合、まずお酒に含まれるカロリーを分類する必要があります。以下のように分類できます。

  • 脂質:9kcal
  • たんぱく質:4kcal
  • 糖質(炭水化物):4kcal
  • アルコール:7kcal

という感じです。

意外とアルコールのカロリーは高いんです。でも、アルコールのカロリーは、他の栄養素のカロリーよりも優先されて消費されるので、ほとんど体に蓄積されません。

これだけ聞くと、「え!やっぱりアルコールでは太らないじゃん!」と思うかもしれませんが、落とし穴があります。それは、他の栄養素(たんぱく質や脂質、糖質)のカロリーは、消費が後回しにされることで、体に脂肪として蓄積されやすくなるということです。

そのためアルコールでは、太らなくても、他の食事から摂取したカロリーによって脂肪が蓄積され、太ってしまうということです。。

アルコールだけ飲めば良いのでは?という疑問

先ほど、アルコールで太るというよりも、食事から摂取したカロリーの消費が後回しにされることで太ると書きました。こうやって書くと、「なら、アルコールだけ飲めば太らないの?」という疑問を持つ人がいるかもしれません。

ただ、アルコールには胃を刺激し、胃酸の分泌を促す効果があり、食欲を増進させてしまいます。そのため、お酒だけを、アルコールだけを飲むことはできないとも言えます。お酒を飲んでいると、ついついおつまみが欲しくなる、ついつい食べ過ぎてしまったなんて経験ありますよね?

また、アルコールだけを飲むと言っても、糖質が多めのビールや日本酒、砂糖が使われている梅酒やチューハイであれば、そのお酒自体に含まれる糖質によって太ります。そして、糖質控えめなウイスキーや焼酎であれば、ビールなどに比べアルコール度数が高いので、肝臓への負担が大きく、太るとは別の問題が生じます。

コラム「アルコールのカロリーは体にとっては意味がない?」

ちょっと骨休め的な感じです。飛ばしていただいても大丈夫です!

アルコールのカロリーは、他の栄養素(たんぱく質、脂質、糖質)と違い、栄養価がほとんどなく、体にとってはあまり意味がありません。そのため、エンプティカロリーと呼ばれることもあります。これはカロリーがないという意味ではなく、栄養素がないという意味でのエンプティです。

なので、お酒ばかり飲んで、他のカラダにとって必要な栄養素の消費されないのは非常にもったいないです!ぜひ、お酒は適度に嗜む程度で、体にとって良いお酒の飲み方をしましょう!

関連記事:エンプティカロリーとは何か?知らないうちに口にしてるけど、知らないと怖いよ

アルコールで太らないためにやるべき4つのこと

では、ここから食事とお酒をたしなみながらも、太らないためにやるべきことについて書こうと思います。

飲むときは食べる量を減らす

アルコールのカロリーが、たんぱく質や脂質などのカロリーより優先して消費されるから、後回しになったたんぱく質や脂質などが脂肪として蓄積される。

ということなので、そもそも食べる量を減らすことは大切です。

どのくらい減らすべきか?というのは、人によって消費できるカロリーの違いがあるので難しいですが、2〜3割程度は減らすべきです。半分に減らしても、後でお腹が空いて食べてしまう可能性もあるので、数時間でお腹が空かない程度に減らすと良いですね。

飲み過ぎないようにする

一番手っ取り早いのは、アルコールの量を減らすことです。

減らす方法としては、杯数を減らすだけでなく、割るアルコールの量を減らしたり、アルコール度数が低いアルコールに変えるなどもあります。

また、最初から杯数を決めておくというのは、後で考える必要もないので、楽な方法だと思いますね。量を減らすことがストレスにならない方法で、減らすと良いですね。

ダラダラ長時間飲まない

ダラダラと長時間飲むことは、結果としてアルコールの摂取量を増やすことになります。

でも、「じゃあ、今日は1時間だけな!」では、少々味気ないですよね。なので、時間を決めて飲みましょう。1時間な1時間、2時間なら2時間で、時間を決めて飲むようにする。

そして、はしごしないことが重要です。お酒のはしごはもちろん、〆でラーメンなんてこともやめましょう。ただ太りにいくだけなので、美味しいからといってラーメンなど〆のはしごもやめましょう!

飲むなら蒸留酒を選ぶべし

飲むお酒にも注意をしたいです。

ビールや日本酒などの醸造酒、梅酒やチューハイの場合、他のお酒に比べて糖質がやや高く、アルコール以外のカロリーが高くなってしまうので、太る可能性は高くなってしまいます。

一方で、ウイスキーや焼酎などの蒸留酒は、純粋なアルコールなので、アルコール度数は高いものの、無駄な糖質を含みません。そのため、アルコール以外のカロリーで太ることはありません。

ただ、度数が高いので、肝臓への影響やアルコールが抜けきるまでの時間を考えると、ハイボールや水割りなどで割って飲むことが一番良いと思います。

さいごに

お酒で太るのか?そして、アルコールのカロリーは体に蓄積されないのか?ということについて書いてきました。

実際に、ビールや日本酒などのように糖質を含まない限り、お酒やアルコールだけで太ることは稀ですが、それだけに注目することは危険ですよね。お酒で太らないためには、お酒だけ注目するのではなくて、食事にも注意する必要があるので、ぜひ、飲み過ぎたけではなく、食べ過ぎにも注意してください。

では、健康的にお酒ライフを楽しんでくださいね!